函館記念は内を回らないと勝負になりませんでしたね・・・

本日はその結果報告と中京記念2016の予想を書きます!

 

079

函館記念の結果報告

 

◎ 15番 ダービーフィズ 11着

◎ 12番 ネオリアリズム 6着

☆ 02番 トーセンレーヴ 10着

☆ 03番 レッドレイヴン 9着

☆ 04番 バイガエシ 5着

 

やってしまいました!

掲示板に載ったのがバイガエシだけという結果!

 

まずはダービーフィズですが

予想通り今回はかなり絞ってきて-8キロで出走。

ただ変わったのは体重だけで馬体に変化は無し。

エプソムCと同レベルの仕上げだったのでしょうか・・・

そしてレースではいいところなしで11着でしたね。

 

次にネオリアリズムですが

出負けして後方からの競馬でした。

道中の折り合いはなかなかついていましたが

4角で外に出してからダービーフィズが下がってきて

それをさばくのに手間取っていました。

最後はバイガエシと共に伸びてくるも6着。

 

今回の函館記念は内を回った馬しか用がない

そんな馬場になっていましたね。

午前中までは外も伸びていた気がしますが

雨が降り始めたことも大きく影響したかもしれません。

 

ここまで内しか伸びないのもまれだと思うので

外から伸びてきたバイガエシやレッドレイヴン

ネオリアリズム、ホッコーブレーヴ

などの馬は、次走注目の馬ですね。

 

思わぬ美味しいオッズが付くかもしれませんw

 

 

函館はやっぱり難しいというのが正直な印象です。

どうも毎年函館にはいい思い出がない(笑)

ただ今週も函館2歳Sがございます!

 

中京記念と函館2歳Sだとどうしても

中京記念の方が注目が集まりますが

個人的には函館記念のリベンジをかねて

函館2歳も力入れて予想したいです!

 

と言いつつ、本日はまず中京記念の

展望を書いていこうと思いますw

 

 

中京記念の展望

 

今の中京の馬場は特殊ですよね。

かなり荒れているように見えるのに

時計は速いという不思議な馬場。

 

荒れているけどそこまで重くないということでしょうか・・・

馬場の見た目よりもスピードが求められるかもしれません

 

近走重賞でも好走しているダッシングブレイズ

ハイレベルな3歳世代のトウショウドラフタ

などが人気を集めそうですが

 

個人的に注目しているのは

ダノンリバティケントオーです。

 

この2頭は自分がハイレベルだと思っている

マイラーズCで負けている2頭です。

そしてどちらも内が有利な馬場の中

外を回して負けた馬です。

 

ダノンリバティは外を少しマクッテきての大敗

ケントオ―も外を回っての8着となっています。

 

ダノンリバティはその後休養に入りましたが

ケントオ―は前走OPで圧巻の走り。

重馬場での走りでしたが、非常に強かったです。

 

マイラーズCで外を回している馬は

フィエロ(安田記念3着)、アルバートドック(七夕賞1着)

などその後で非常に活躍しています。

ケントオ―もそうですよねー

 

となると次はダノンリバティの番でしょうか・・・

 

混戦模様の中京記念ですが、

今週もしっかりと考察していきたいと思います。