オークスはシンハライトが勝利。1着シンハライト2着チェッキーノと前評判の高かった2頭がやはり強かったという結果でした!

 

3着はビッシュと人気馬決着で配当は安かったですが、自分の買い目結果はなんとかプラス!なんとかダービーにつなげた形でしょうか。それではレース回顧と共に的中報告を書いていきます。

051

予想結果

◎ 03番 シンハライト 1着

〇 15番 レッドアヴァンセ 7着

▲ 06番 アドマイヤリード 15着

△ 08番 デンコウアンジュ 9着

△ 13番 チェッキーノ 2着

 

買い目

◎ー印 馬単 4点

◎ー印 馬連 4点

〇ー▲△ ワイド 2点(△はチェッキーノではない方)

 

印は散々な結果でしたが、買い方でなんとか拾えましたw。馬連と馬単がダブルで的中したのでなんとかプラスといった感じです。レースを見ていたときは外からオレンジ帽子の馬が飛んできたので、レッドアヴァンセ来たか!!って思っていましたがチェッキーノでした笑。レッドアヴァンセは直線でチェッキーノに競り負けていましたね。

 

レース回顧

まずはどの馬が強い走りを見せたのか?今後買える馬はどれなのか?考えていきます。

 

1着 シンハライト

予想では本命にしましたが、間違っていませんでした。チェッキーノとはクビ差で上がり3Fも同じという一見、接戦だったように思えますが、実は大きな差があると考えています。スムーズに競馬できたチェッキーノに対して、シンハライトは馬の間をぬって伸びてきました。最後前が開いて、手前を変えてからの伸びは圧巻。左回りの方があっているのかと思わせるレースでした。このオークス組では抜けた存在ですね。

 

2着 チェッキーノ

桜花賞組を重視しすぎて、この馬の印が軽すぎましたね。末脚勝負を経験していないのでどうかと思っていましたが、結果的には上がり33.5を出せました。シンハライトとは力の差を感じますが、予想以上に強い走りでした。

 

3着 ビッシュ

馬の力を信じて後ろから競馬した池添騎手と戸崎騎手に対して、ビッシュ騎乗のM.デムーロ騎手は少し前で競馬しました。個人的には本当に素晴らしい騎乗だったと思います。前走のフローラSではビッシュは最後方からの競馬でしたがチェッキーノと同じ上りしか使えず、5着に負けました。そして今回はチェッキーノよりも前で競馬して、3着に入りました。レース的には前過ぎてもダメ、この馬的には後ろ過ぎてもダメ、そう考えるとこれしかないというポジションでの競馬でしたね。

 

4着 ジェラシー

ほぼ最後方からの競馬で新しい一面を引き出してくれました。横山典弘騎手は馬の違った良さを引き出すのが本当に上手です。今後の競馬の幅が広がりましたし、収穫の多いオークスだったのではないでしょうか。ビッシュのM.デムーロ騎手とは少し違った好騎乗でしたが、ビッシュにしても、ジェラシーにしても、上位2頭とは馬の力が違いましたね。

 

オークス全体としてはミドルペースでなかなか見ごたえのあるレースだったと思います。総合力が問われたレースで、オークス上位馬は単純に力があると考えて良さそうです。ただ今後買いたいのはやはりシンハライト。オークス馬にふさわしい力を持った馬だと思います。