青葉賞のヴァンキッシュランは強かったですね。マイネルハニーはかなり厳しいペースで逃げていたため、差されてしまいましたね。

 

それでは天皇賞春の最終考察を書いていきます。

035

天皇賞春の最終考察

今回はに非常に悩まされました。ゴールドアクターの外枠、そしてキタサンブラックの内枠。普通の距離なら枠を軽視して実力重視で選ぶこともありますが、さすがに京都芝3200mでは枠は重要だと思います。

そして土曜の競馬を見た感じだと内がやはりいいですね。外も伸びないこともないですが、単純に外回してたら間に合わない可能性もあります。

 

ですが!本命と対抗は外枠の馬です笑。不利な枠だとはわかっていますがそれ以上に実力があると思います。

 

 

それでは馬印を出していきます。

◎ (本命)【人気ブログランキングで発表!】

〇 17番 ゴールドアクター

▲ 01番 キタサンブラック

△ 10番 アルバート

△ 04番 トーセンレーヴ

 

こんな感じです。それでは短い考察を書いていきます。

 

 

◎ (本命)【人気ブログランキングで発表!】

先ほど内枠の方が有利だといいましたが、この馬は外枠の方が良いと思います。

ペースが流れるならば中団に付けて、ペースが流れないならば好位に付ける、そんな競馬を鞍上には期待しています。そして直線では外枠を生かして、できるだけ広い場所を走らせてほしいです。この馬は多分ですが馬群が苦手です。

 

内を突く馬たちが伸びる中で、一頭だけが外から飛んでくる。そんな展開を想定しています。

 

 

〇 17番 ゴールドアクター

内枠が有利だと言いつつも、本命・対抗と外枠の馬を選びました。

 

本命馬もゴールドアクターも、ペースがそれなりに流れても、もしくはスローペースになっても、どちらでも好走できると思っています。

ただゴールドアクターは内枠の方が向いていますし、その点で本命馬より印を下げました。

 

 

▲ 01番 キタサンブラック

本当に悩みましたが、▲にしました。

 

今回のレースはスローペースになりそうですし、鞍上は武豊騎手ですからこの距離でもバテない感じに走らせてくれそうです。最内枠ですし、ここでも期待がかかります。

 

 

△ 10番 アルバート

この馬は完全に厳しいペースになった時の穴馬ですね。今回のメンバーを見ると3200m専門!って感じの馬はあまりいないですよね。ステイヤーらしさで頑張って欲しいです。

 

 

△ 04番 トーセンレーヴ

超大穴馬です。今の京都の馬場はかなり良いですから、この馬も押えておこうと思います。有馬記念の走りを見る感じだと実力的には足りています。内枠から思い切って中団に付ければ、面白い存在だと思います。ただ長距離適性があるかどうかは謎なので、できればスローになってほしいですね。

 

参考の買い目

◎ー印 馬連 4点

◎ー〇▲ 馬単 2×2 4点

◎ー△△ ワイド 2点

計10点です。

 

馬単が当たればおのずと馬連も当たるので、そこそこの配当になると思います。本命馬は結構前から応援している馬なので頑張って欲しいです。そして鞍上にも期待してます。どんな騎乗をするのか楽しみですね。