次はチェッキーノに次いで2番人気のパールコードを見ていきます。

 

この馬は本当に雄大な馬体をしていますよね。

レース映像見ていても、1頭だけ大きいですw

 

オークスで闘うからにはここで負けてはいられませんからね~

023

パールコードの過去3走を考察

新馬戦→つばき賞→ミモザ賞

そんな感じでこのフローラSに向かってきました。

この馬はつばき賞でナムラシングンミッキーロケットなど

皐月賞に出走した牡馬とも戦っていますからね!

 

チェッキーノとの違いはそこかもしれません。

 

それではさっそく新馬戦から見ていきます。

 

3走前 新馬 京都芝1800m 1着

スタートは良くて、二の脚も速い!

ただ終始行きたがっていましたね。

結局抑えきれずに、外から逃げ馬と並走する形で

結構、不思議な光景だったかもしれません。笑

 

直線に入ってからですが

そこまでトップスピードが出ない感じでした。

速いラップの所で、後続と差を広げることができませんでした。

大型馬だからでしょうか。

 

ただ最後まで失速することはなかったですね。

 

この新馬戦はレベルがかなり低そうです。

そこで、この走りだと少し不安です。

 

2走前 つばき賞 京都芝1800m 3着

このレースはかなり前3Fが遅くて

パールコードなら逃げれそうでしたが

鞍上は福永騎手なので、無理には逃げませんでしたね。

そして結局先行する形になりました。

 

終始緩みっぱなしのレースで

ゴール3Fまでもまだ緩い・・・

 

さすがにゴール2F前でグッと速くなりましたが

そこの速いところは付いていけていました。

というよりも先頭で走っていましたね。

 

しかし最後の1Fで失速していましたねー

これが少し不安な所です。

 

このレースはかなり悪い馬場でしたし

特殊なケースだと思います。

 

たしかにメンバーはナムラシングンや

ミッキーロケットなど牡馬でそれなりの馬がいますが

最後は明らかに力差を感じましたし

微妙な感じですね。

 

前走 ミモザ賞 中山2000m 1着

今回はスタートが若干悪くて、出負けしていましたね。

二の脚も今までのようなスローだと速く見えますが

今回のようなミドルペースだとそこまで速くない感じです。

 

ただこのレースも道中でありえないぐらい緩んでいました・・・

その緩んだ地点で外からポジションを上げるという

内田騎手の好判断で、4角では先頭に立つ流れ。

 

そこから伸びはするものの

最後はしっかりと失速していましたし

全力出し切った感じはしました。

 

このレースはかなりレベルが低そうで

今回は勝ちましたが、そこまで強い走りではなかった・・・

上のクラスだと微妙な感じはします。

 

まとめ

非常に大型の馬なので

前走の中山は正直合っていませんでした。

しかしそれにしても微妙な走りです。

 

つばき賞の走りは良かったですが

馬場がかなり悪いことがプラスに働いた可能性もあります。

今回は参考にならないかもしれません。

 

そもそも馬群に入ったことがないので

内枠に入ったら厳しそうですよね。

馬群をするすると抜けて差してくるという

イメージも全くわかないです。

 

フローラSでは先行できそうにないですし

それで2番人気は厳しい気がします。

 

東京は合いそうですが・・・んー難しい所です。

ただ雨が降って馬場が悪くなれば一気にチャンスですね。