今回はジュエラーについて書いていこうと思います。

 

ここまで非常に強い走りを見せていますが

なぜか2回も負けている馬です。

本当ならシンハライトのように無敗で

この桜花賞に来てもおかしくない逸材だと思っています。

 

まあメジャーエンブレムも1敗していますけどね。

 

ジュエラーがなぜ負けてしまったのか?

レース映像を見てしっかりと考えていこうと思います。

 

ジュエラーの過去3走を分析

ジュエラーもまだ3走しか走っていませんから

全レースを確認していきます。

 

若駒戦はそういう意味で楽ですね。

まあその分、わからない点も多いですが・・・

 

・3走前 2歳新馬 京都1800m

若干ゲートにぶつかりながらのスタートで

決していいスタートではなく、位置取りはかなり後方になりました。

 

ただこのレースは新馬にしては

前3Fがかなり速い流れなので、逆に良かったかも。

 

しかし問題は次です。

前3Fが速かったせいか

次の2Fでしっかりとペースが緩んでしまいました・・・

 

内枠からのスタートだったジュエラーは

馬群の内にいたこともあって捲ることもできない。

しょうがないので脚を溜める形。

 

この後実際に仕掛けだしたのは

ゴール2,5F前ぐらいからだろうか。

 

明らかに遅い仕掛けだったが

ジュエラーの末脚は次元が違った!

 

最後の1Fは全く衰えていないし

このメンバーでは相手にならない感じ。

とにかく強い。

 

ただこの新馬戦はレベルがそこまで高くない。

未勝利抜けできそうなのは2着のアドマイヤキズナぐらいかと思う。

 

この時点では上のクラスで通用するかわからなかった。

(500万なら余裕だろうが、重賞は分からない感じ。)

 

・2走前 シンザン記念 京都1600m

スタートはまたしても悪い・・・

ただ二の脚はそこまで遅くなさそう。

結構ついていける感じ。

 

ただ今回も前3Fが結構速い

なのでじっくりと構える形。

 

またしても馬群に包まれていたので

仕掛けどころはかなり遅め

ゴール前2.5F前ぐらいだろうか。

 

ただ仕掛けてからの伸びは圧巻。

1頭だけ力が違うって感じだったが

勝ち馬には惜しくも届かず。

 

またも不完全燃焼であり

次は「外枠が欲しいなー」って

きっとジュエラーも思っていたはず。

 

とにかく仕掛けどころを、もう少し早めにしたい感じ。

 

牡馬のそれなりの馬には十分通用するし

このメンバーでは一番いい感じだと思う。

 

前走 チューリップ賞 阪神1600m

今回の枠は9番と今までで一番外!

ジュエラーも大喜び!

 

そして今回はスタートも五分に決まり

いい感じだったのですが

前3Fが速いのでまたもじっくりと構える形。

 

ただここで厄介なのが

シンハライトが11番からのスタートで

ジュエラーを馬群に閉じ込めるような位置にいるんですよね~

 

しかもまたしても道中でラップが緩んでしまった・・・

普段のM.デムーロ騎手ならここでポジションを上げて

1着になれる位置を取るのだが

シンハライトがいるために、ポジションを上げられない。

 

そして直線に入っても、仕掛けることができずに

結果的にシンハライトよりもかなり遅い追い出し!

 

最後まで伸びきりましたが

非常に上手に乗った、そして自分の形に持ち込んだ

シンハライト&池添騎手の屈した感じ。

 

池添騎手はやっぱり上手いですね~

 

まとめ

とにかく外枠が欲しい!

できればシンハライトよりも外で

自分のタイミングで動きだせる感じが理想です。

 

メジャーエンブレムの作り出す流れは

おそらく相当厳しい流れです。

 

そうなるとジュエラーの良さがやっと見れるのでは?

と思っています。

 

ただ内枠だとちょっと厳しいかも。

まあM.デムーロ騎手ですから

内枠からでもいいポジションとれるかもしれませんが

外枠に越したことはないと思います。

 

現時点ではジュエラーはかなりいいと思います。

メジャーエンブレムに勝てるか?

と言われれば微妙ですが

シンハライトより期待しています。