本日第2弾の記事はシンハライトについてです。

 

現在新馬から3連勝中、無敗でこの桜花賞まで上り詰めました。

メジャーエンブレムは逆らえなさそうですが

このシンハライトはどうなのでしょうか?

 

今回もじっくりと考えていきたいと思います。

シンハライトの過去3走を分析

メジャーエンブレムは5走の内3走を見ましたが

シンハライトは3走しか走っていないので

全ての過去レースを分析しようと思います。

 

それでは宜しくお願いします。

 

・3走前 2歳新馬・牝馬 京都1600m

さすがに新馬戦では二の脚が速く

すんなりと前目を先行する形。

 

非常にスローペースな流れで

仕掛けどころもゴール3F前ではなくなんと2F前

外目を先行していたので邪魔する馬もいない。

存分に脚を出し切って完勝すると思っていたが

2着のオウケンビリーヴに詰め寄られるという形。

 

ただシンハライトの脚は決して衰えていません。

 

ただここまでスローだと正直なにもわかりませんw

 

・2走前 紅梅S 京都1400m

1400m戦なのでラップ的には流れているが

出遅れもあってシンハライトはかなり後ろのポジション

そこまでシンハライトでは位置は速くない感じ。

 

そして最後の直線、残り1F・・・

バタバタと前の馬たちがバテていきます!

 

そのバテてくる馬たちを

スーと差し切っていくシンハライト。

 

ただ最後ワントゥワンに差されそうになるという

ハプニングもありました。

 

池添騎手が少し油断したかもしれません。

完全に緩めてましたから。

 

このレースを見て、出遅れなければ

あっさり勝っていたと誰もが思ったことでしょう。

 

でも本当にそうでしょうか・・・?

 

前走 チューリップ賞 阪神1600m

前走出遅れて勝ったことも影響してか

人気は2番人気とかなりの支持を受けました。

 

そして今回は出遅れることなくすんなり出ました。

しかしこのクラスになると二の脚がそこまで速い方ではない。

そして池添騎手もじっくりと構えて

徐々にポジションを下げながら、脚を溜めます。

 

そして終始外々を回ったもののしっかりと伸びます!

ただM.デムーロ騎手騎乗のジュエラーも相当伸びます!

 

2頭の叩き合いはとても激しいものでしたが

わずかにシンハライトが勝利しました!

 

まとめ

大体こんな感じですねー。

 

この3走を見て思ったのは

確かにシンハライトは切れる脚が使えるタイプですが

スタミナ勝負になるとどうなのか?ということです。

 

確かに普通のマイル戦なら

あの末脚は大きな武器になると思います。

 

ですが今回の桜花賞は

メジャーエンブレムがいますからね!

 

メジャーエンブレムが作り出す

非常に厳しい流れで活躍できるのか?

かなり疑問ですね~

 

もしかしたらスタミナがあるかもしれませんが

オッズを見た感じだと逆らった方が良いかも・・・

って感じで考えています。

 

今回の桜花賞で自分は

メジャーエンブレムの作り出す厳しい流れに

どの馬が付いていけるか?また追い込んでこれるか?

これを中心に予想しています。

 

現時点ではシンハライトは厳しいと思っています。

 

次回はもう一頭のメジャーエンブレムのライバル

ジュエラーについて考えていきたいと思います。