今回の皐月賞はサトノダイヤモンドをどこに位置づけるか?

それがかなり重要になってくると思います。

 

リオンディーズマカヒキ

比較するのがかなり難しいですが

きちんと考察していきたいと思います。

015

サトノダイヤモンドの過去3走

新馬戦→500万下→きさらぎ賞

という感じで、皐月賞に来ています。

 

5億円対決!なんてこともありましたが

結果的に2戦ともサトノダイヤモンドの圧勝でしたね。

 

それでは早速見ていきます。

 

3走前 2歳新馬 京都芝2000m 1着

(5億円対決の1回目)

好スタートからすんなり先行できましたね。

 

道中で入れ替わりが激しくなる

すこしややこしいレースではありましたが

サトノダイヤモンドは堂々としていました。

 

レース的には上り3F勝負の新馬戦らしいレース。

 

ポジションが前目だったので焦ることもなく

最後1Fで仕掛けると、スーと先頭に立ち

そのままあっさり勝ってしまいました。

 

2着馬ロイカバードはこの後に

未勝利、500万下を勝ち上がりますし

3着馬ダノンアローダも500万下で3着に入ります。

 

決してレースレベルは低くないと思いますし

この馬だけちょっと次元が違います。

 

このレースは重馬場だったので

馬場が悪くても走れるということですね。

 

2走前 500万下 阪神2000m 1着

きさらぎ賞よりもこちらのレースの方が

レベル的には高いかもしれません。

 

今回も新馬戦と同じく好スタートでしたが

今度はじっくりと構えて、中団に付けました。

 

ただこのレースも上がり3F勝負なので

位置取り的にはイマイチだったかもしれません。

 

ただそれでも全然余裕でしたね~

急に加速した地点でも普通についていけましたし

最後もまだまだ伸びそうな感じがしました。

 

ちょっとレベルが違いましたね。

京都よりも阪神の方が向いている気がします。

坂があった方がよいかもしれません。

 

前走 きさらぎ賞 京都芝1800m 1着

(5億円対決パート2)

スタートは普通でしたが

今回は周りの馬が結構前に行こうとしたので

結局はじっくりと構える形をとりました。

 

今までのレースとはかなり違った

厳しいペースになりましたが

最後はまだまだ伸びそうな感じでしたね。

力を出し切ってはいないと思います。

 

ただルメール騎手が最後ムチを入れたのが気になります。

もしかしたら前走の阪神ほど伸びが無かったのでしょうか・・・?

 

メンバー的にはイマイチですが

サトノダイヤモンドだけはやはり強いです。

 

まとめ

おそらく多くの人がサトノダイヤモンドが

リオンディーズやマカヒキなどの強馬たちと

どれくらいの力差があるのかが気になっていると思います。

 

そこできさらぎ賞での走りを参考にすると思います。

 

きさらぎ賞では4着(0.9秒差)にノガロが入っていますが

このノガロはその後に、若葉Sでアドマイヤダイオウに

1.4秒差も付けられて負けてしまいます。

 

ではサトノダイヤモンドはそこまで強くないのでは?

と思う方と多いのではないでしょうか。

 

しかし自分はきさらぎ賞での走りは

サトノダイヤモンドらしくないと思っています。

 

むしろベストパフォーマンスは

2走前の500万下のレースでは

ないかと考えています。

 

あの阪神の坂での力強い走りこそが

サトノダイヤモンドの強さではないかと・・・

 

今回の皐月賞が行われるコースは

中山芝2000mです。

 

中山の芝コースと言えば最後の急坂!

ここでサトノダイヤモンドの真の力が

見れるのではないでしょうか!?

 

サトノダイヤモンドは好位に付けることも可能ですし

エンジンのかかりも、かなり速くて

とにかく優等生タイプの馬です。

 

実力的に通用しそうならば

軸馬としてはピッタリなのではないでしょうか。

 

これからしっかりとリオンディーズ&マカヒキの

過去レースを考察して、比較していきたいと思います。